2018年-シャトルを激安購入!値引き額を一気に引き上げる交渉法

2018年-シャトルを激安購入!値引き額を一気に引き上げる交渉法

◆安い価格でシャトルを買うために必要なこと

2018年-シャトルを激安購入!値引き額を一気に引き上げる交渉法

引用:wikipedia

 

安い価格でシャトルを買いたい!そんな人のためにおすすめの方法を紹介します。

 

この方法、実際に試してみると数十万円ほどの値引きを受けられる可能性もありますので、しっかりとご確認ください。

 

 

シャトル、値引き可能な金額はどのくらい?【/最新版】

 

シャトルの新車、値引き可能な額は・・・20万円

 

現在販売されているシャトルは2017年9月のマイナーチェンジを受けた仕様です。

 

値引きの目標額としては上記の金額となりますので、価格交渉の目安としてみると良いでしょう。

 

オプションについても20〜30%ほどの値引きができます。

 

こちらも忘れずに本体とセットで交渉を進めていきましょう。

 

 

◆シャトルを安く買うのに適した時期について

  • 1〜3月・決算期
  • 6〜7月/12月・ボーナス期
  • 8〜9月・中間決算期

シャトルの値引きに適した時期は上記の期間ですが、このうち最適な時期は決算期です。

 

各種キャンペーンが行われる決算期は、どのディーラーでもたくさん車を売りたい時期でもあります。

 

値引きをしてでも販売台数を伸ばしたいというディーラーが多いため、自分が望んでいる以上に値引きをしてもらえたという人もいます。

 

もしもこの決算期までシャトルの購入が待てる、ということであれば値引きをしてもらえるチャンスも広がります。

 

 

◆シャトルの値引き交渉のための方法

 

シャトルの値引き交渉では、他社の似たスペックのライバル車を用いて価格競合していく方法がオススメです。

 

似たスペックのライバル車としては・・・

  • トヨタ … プリウスα
  • トヨタ … カローラフィールダー
  • マツダ … アクセラスポーツ
  • スバル … インプレッサスポーツ

上記のような車種で見積もりを予め用意し、シャトルの値引き交渉に活用してみましょう。

 

 

ライバル車の相見積もりを利用する場合には様々な注意が必要です。

 

まず、買おうと思っているシャトルと同程度のグレードと装備をえらぶこと、そしてライバル車を買うつもりがなくても、しっかりと値引き交渉まで含めた見積を用意することです。

 

というのは、シャトルを販売する担当者ともなればライバル車の情報は見積も含めて相当な知識を持っているためです。

 

ライバル車の最新価格まで把握している担当者に対して、適当な見積を用意したところでまともに価格交渉ができるはずもありません。

 

ライバル車の見積はシャトルを最大限安く買うために用意するものです。

 

本当にライバル車を買うつもりの勢いで値引き交渉まで含めた見積を用意しましょう。

 

 

シャトル、最近購入された人たちの契約内容

 

契約例(1)HYBRID を購入
契約者:埼玉県在住・男性(37歳)
契約時期:2018年4月

 

グレード(HYBRID・Honda SENSING):2,080,080円
オプション:150,000円

 

クルマ本体の値引き額:200,000円
オプションの値引き額:50,000円
下取り額(トヨタ・ヴィッツ ’09年製):80,000円

 

税・諸経費込み価格:2,089,570円

 

 

契約例(2)HYBRID X を購入
契約者:宮城県在住・男性(33歳)
契約時期:2018年7月

 

グレード(HYBRID X・Honda SENSING):2,310,120円
オプション:310,000円

 

クルマ本体の値引き額:200,000円
オプションの値引き額:150,000円
下取り額(ホンダ・フリード ’12年製):750,000円

 

税・諸経費込み価格:1,794,570円

 

 

シャトルの値引きはさらにアップできる!? 損しないよう「アレ」を必ずチェック!

 

 

先に実際の契約例を2点ご覧いただきました。どちらも値引き額はまずまずといった感じに見えますよね。

 

しかし、契約全体をチェックしてみると及第点とは言い難く、もっと安くシャトルを購入できる可能性が高かった、と当サイトでは判断しています。

 

その理由は「下取り額」に問題があるから。

 

上記に挙げた2つの契約は、この「下取り額」が実際のクルマの市場価値よりも「10万円」ほど低い評価を付けられてしまいました。

 

「ディーラーは新車値引き時のマイナスをを取り戻すために下取り額をわざと低くしているのでは?」と疑われたかもしれませんが、それが全ての原因とは一概には言えません。

 

なぜなら、ディーラー下取り額が低くなるのは「とある理由」が査定額に多大な影響を及ぼすためです。

 

しかし、解消方法があるのでガッカリすることはありません。

 

ディーラーによる下取り査定額が低くなってしまう理由、さらには「下取り査定額を大きくアップさせるコツ」を下記のリンク先で解説しているので、これから新車を購入予定の方はぜひ目を通してみてください。

 

 

→ ホンダ・シャトルをより良い条件で契約する方法とは?

2018年-シャトルを激安購入!値引き額を一気に引き上げる交渉法