2018年-eKワゴンを激安購入!〇〇の秘密を知って賢く交渉を!

2018年-eKワゴンを激安購入!〇〇の秘密を知って賢く交渉を!

◆eKワゴンを安く買うための方法とは

2018年-eKワゴンを激安購入!〇〇の秘密を知って賢く交渉を!

引用:wikipedia

 

これからeKワゴンを買おうと思っている人に、数十万円もの値引きが受けられる方法をお知らせします。

 

こちらの方法を試した人の中には、実際に安い金額でeKワゴンを買うことができたというケースもあるものです。

 

 

◆eKワゴン、値引き可能な金額は?【更新/

 

eKワゴンでの値引き可能な金額・・・15万円

 

2017年10月にeKワゴンはマイナーチェンジを経たモデルが現在販売されています。

 

値引きについては上記の金額まで可能であること、加えてオプションについても10〜20%の値引きができることが確認できています。

 

実際の値引きに関してはこれらの情報を参考に交渉を進めてください。

 

 

◆eKワゴンの値引きが受けられる時期

  • 決算期:1月〜3月
  • ボーナス期:6月〜7月
  • 中間決算期:8月〜9月
  • ボーナス期:12月

上記の時期はいつでもeKワゴンの値引きが受けられる時期といえますが、この中でも最も大幅な値引きが期待できるのが1月から3月にかけての決算期です。

 

決算期は、年間を通してディーラーが最も売上が必要な時期です。

 

つまり、売上をあげるために大幅な値引きがしてもらいやすい時期でもあります。

 

eKワゴンの購入については、この時期まで待ってみるのもひとつの方法ではないでしょうか。

 

この時期であれば値引き交渉もしやすくなりますので、交渉があまり得意ではないという人でも無理なく値引きが受けられます。

 

 

◆eKワゴン 値引き交渉の具体的な方法

 

eKワゴンの交渉では、ライバルメーカーのクルマと競合させつつ値引き依頼をしていくのがお勧めです。

 

・ライバル車

  • デイズ(ニッサン)
  • ムーヴ(ダイハツ)
  • N-WGN(ホンダ)
  • ワゴン-R(スズキ)

こういった車種で競合させましょう。

 

そのなかで、特にeKワゴンとの競合に適しているのは「日産:デイズ」です。

 

eKワゴンとデイズは、三菱と日産が共同で開発を行った過去があるためです。

 

2つのクルマのスペックがとても似通っていて、価格でしか比較できないので競合に適しているのです。

 

事前にデイズを扱うニッサンの販売店で見積を得ておき、eKワゴンの交渉に臨みましょう。

 

 

eKワゴンのライバル車と相見積をとる場合ですが、いくつか注意点があります。

 

・買う予定のeKワゴンと同じグレードの装備を選ぶようにする
・eKワゴンのライバル車をしっかりと比較研究し、見積についても値引き交渉まで行う

 

この2つの注意点は必ず守りましょう。

 

eKワゴンを販売する担当者は、ライバル車についても価格を含めた最新情報を把握しています。

 

そのため、適当なライバル車の見積を用意したところで、実際の購入意思がないと思われてしまうかもしれません。

 

「本当に買いたい車がeKワゴンなのかライバル車なのか迷っている」と販売担当者に思わせることが大切で、そのためにもライバル車の見積というものは重要になってくるのです。

 

 

◆eKワゴンの直近の購入例

 

契約例(1)E e-Assist購入の男性(45歳)
契約時期・2018年8月
契約地・北海道

 

車両本体:1,109,160円
オプション:100,000円

 

車両本体に対する値引き額:100,000円
オプションに対する値引き:0円

 

下取り額(ワゴンR ’08年製造):50,000円

 

諸経費込みの総額:1,174,660円

 

 

契約例(2)G Safety Package購入の男性(37歳)
契約時期・2018年6月
契約地・神奈川県

 

車両本体:1,413,720円
オプション:220,000円

 

車両本体に対する値引き額:150,000円
オプションに対する値引き:50,000円

 

下取り額(ノート ’09年製造):80,000円

 

諸経費込みの総額:1,462,780円

 

 

◆eKワゴンをもっと安く買いたいなら、〇〇をしっかりチェックしよう!

 

 

上記で紹介した2つの例は、「もっと安く買えた残念な契約内容」であったと、当サイトでは判断しています。

 

どのあたりが残念だったのか、あなたは分かりますか?

 

実は上記の2例ともに「下取り額」に改善の余地がありました。

 

下取り額を改めてチェックしてみましょう。この査定額、かなり低い結果となっているのです。

 

クルマ専門の買取業者に査定してもらった場合と比較すると、その差額はなんと10万円ほど・・・。

 

下取りに出したクルマに大きなマイナス点があった可能性を考えても、上記の価格は低すぎるんです。

 

では、なぜそのような状況になってしまったのでしょうか?

 

あなたがディーラーへ下取りを出す場合、知っておくべきことがあります。

 

それは、「ディーラーの下取りは、システム上、査定額が低くなってしまう理由がある」ということ。

 

とはいえ,せっかく新車購入するのであれば、少しでも安く買いたいですよね。

 

下記にあるページには、ディーラー下取りが低くなってしまうシステム上の理由、下取り額をアップさせる方法を紹介しています。

 

近い将来、eKワゴンの新車購入されるのでしたら、チェックしてみてください。

 

→ eKワゴン・新車の値引き額をさらいアップさせて入手する方法はこちら

2018年-eKワゴンを激安購入!〇〇の秘密を知って賢く交渉を!

関連ページ

パジェロ