2018年-パジェロを安く買う!〇〇の秘密を知って賢く交渉を!

2018年-パジェロを安く買う!〇〇の秘密を知って賢く交渉を!

◆パジェロを安く買いたいならこの方法

2018年-パジェロを安く買う!〇〇の秘密を知って賢く交渉を!

引用:wikipedia

 

これからパジェロを買いたいと思っている人に、少しでも安く買うための方法を紹介します。

 

なんとこの方法、実際に試した人の中には数十万円もの値引きを受けることができたという人もいるほどです。

 

方法そのものはとても簡単な方法ですので、最後までしっかりとお読みください。

 

 

◆パジェロ、値引き可能な金額はどのくらい?【更新版/

 

パジェロで値引き可能な金額とは?・・・30万円

 

2016年10月のマイナーチェンジが行われたパジェロ、現在販売されているのはそのマイナーチェンジを経た仕様となっています。

 

実際の値引き可能額ですが上記の金額までは受けられることが確認済です。

 

また、オプションの値引きについては20〜30%の値引きが受けられますので、こちらも本体とあわせて交渉するようにしてください。

 

 

◆パジェロの値引きに適した時期

  • 1月〜3月・「決算期(期末)」
  • 6月〜7月/12月・「ボーナス期」
  • 8月〜9月・「決算期(中間)」

これらの期間は、いずれもパジェロの値引きに適した時期ですが、この中でも最も大きな値引きが受けられる時期が「決算期(期末)」です。

 

というのは、この時期はディーラーが最も売上が必要な時期だからです。

 

多少値引きをしてでも売上金額を稼ぎたいと考えるディーラーも多く、それだけにこの時期は大幅な値引きが期待できる時期なのです。

 

あまり値引き交渉が得意ではないという人の場合は、この時期までパジェロの購入を待ってみても良いかもしれません。

 

 

◆パジェロの値引き交渉の方法

 

値引き交渉を進めていく際は、ライバル車と価格を競合させていく方法がもっともオススメです。

 

・ライバル車の例を挙げると・・・

  • トヨタ・・・ランドクルーザー、FJクルーザー
  • 日産・・・ムラーノ

このような車種で見積もりを予め用意しておき、パジェロの販売担当者との交渉に活用してみてください。

 

 

相見積もりをとってライバル車と競合させる場合、以下の点に注意しましょう。

 

・装備はパジェロとライバル車とで同等のものを選んでおく
・ライバル車の見積りはしっかりと値引き交渉まで行ったものを用意する

 

パジェロを販売する担当者は、他のお客さん等からライバル車についての最新情報を得ており、もちろん価格情報も例外ではありません。

 

そのため、適当なライバル車の見積ではパジェロの値引きの材料として利用することはできないと考えておいたほうが良いでしょう。

 

ライバル車の研究をしっかりと行い、本当にその車を買うつもりの見積をもらうこと、これがパジェロを安く買うために必要なことなのです。

 

 

◆パジェロ、最近購入された人の契約内容

 

契約例(1)GR/ディーゼル を購入
契約者・宮城県在住・男性(36歳)
契約時期・2017年12月

 

グレード:GR(ディーゼル):3,751,920円
オプション:250,000円

 

クルマ本体の値引き額:300,000円
オプションの値引き額:50,000円

 

下取り額(ミツビシ・パジェロ ’07年製):480,000円

 

税・諸経費込み価格:3,284,730円

 

 

契約例(2)VR-U/ディーゼル を購入
契約者・北海道在住・男性(54歳)
契約時期・2017年11月

 

グレード:VR-U(ディーゼル):4,001,400円
オプション:280,000円

 

クルマ本体の値引き額:300,000円
オプションの値引き額:100,000円

 

下取り額(ニッサン・エクストレイル ’08年製):690,000円

 

税・諸経費込み価格:3,303,110円

 

 

◆値引きばかりに気をかけると損するおそれが… 契約時は必ず「アレ」をチェックしよう!

 

 

パジェロの値引き交渉時、ライバル車との価格競合していく方法が良いのですが、それだけで満足していると最終的な契約は損してしまうかもしれません。

 

実際に上記で紹介した契約例は、大切な点を見落としていたせいで本来もっと安く買えるチャンスを逃してしまっています。

 

当サイトで調べてみたところ、なんとその損失は「20万円」を超える結果に・・・。

 

どこが問題だったのかというと、それは「下取り額」

 

今回紹介した契約2つは「ディーラー下取り」を行っていますが、この際の査定額に問題があったのです。

 

納車とともに不要になったクルマを手放せるディーラー下取りはとても便利なサービスです。

 

しかしながら、クルマ専門の買い取り業者に査定してもらう場合よりも高い確率で低い評価になってしまうデメリットがあるんです。

 

「ディーラー側は新車販売の値引きで損したくないために下取り評価を下げているんじゃないの?」と誤解されやすいのですが一概にそうとは言えません。

 

実は、ディーラー下取りでは査定額がどうしても安くなってしまう「システム上の理由」が影響していることが最大の原因だったりするのです。

 

ただし、この問題には解決方法が存在します。

 

下記リンクでは、ディーラー下取りが低く抑えられてしまう理由、下取り査定額をアップさせるためのコツについて紹介しています。

 

 

→ 三菱・パジェロをギリギリまで安くするための方法はこちら

2018年-パジェロを安く買う!〇〇の秘密を知って賢く交渉を!

関連ページ

eKワゴン