2018年-カローラアクシオが激安!大幅値引きをさせる〇〇の秘密とは?

2018年-カローラアクシオが激安!大幅値引きをさせる〇〇の秘密とは?

◆安い価格でカローラアクシオを買うために

2018年-カローラアクシオが激安!大幅値引きをさせる〇〇の秘密とは?

引用:wikipedia

 

この方法は、カローラアクシオを安い価格で買いたい人におすすめの方法です。

 

この方法を実際に試したところ、カローラアクシオを10万円近く値引きをしてもらえたというケースもあるほどです。

 

これからカローラアクシオを買いたいという人であればきっと役立つ方法といえるでしょう。

 

 

カローラアクシオ、値引き可能な金額はどのくらい?【/最新版】

 

カローラアクシオの新車、値引き可能な額は・・・20万円

 

カローラアクシオですが、現在販売されているモデルは2017年10月のマイナーチェンジを経た仕様です。

 

おおむね上記の金額の値引きはできると考えて間違いないので、値引き交渉の際には参考としておきましょう。

 

オプションについては20〜30%ほどの値引きが可能となっています。

 

 

◆カローラアクシオの購入におすすめの時期

  • 1〜3月:「決算期(期末)」
  • 6〜7月/12月:「ボーナス期」
  • 8〜9月:「決算期(中間)」

これらの時期はいずれもカローラアクシオの購入に際し大幅値引きが期待できる時期です。

 

これらの時期の中でも特におすすめなのが1〜3月の「決算期(期末)」です。

 

この時期はどのディーラーであっても売上がほしい時期ですので、値引きをしてでも販売数を伸ばしたいと考えます。

 

こうした理由から、カローラアクシオの購入にあたって値引きをしてもらいやすく、値引き交渉が苦手な人であっても比較的楽に値引き交渉ができます。

 

カローラアクシオを安く購入したいということであれば、この時期まで待ってみるというのもひとつの方法です。

 

 

◆カローラアクシオの値引き交渉の方法

ライバル車との相見積もりを取ることはカローラアクシオの値引き交渉に有効な方法です。

 

カローラアクシオのライバル車

  • 日産:「ラティオ」
  • ホンダ:「グレイス」
  • マツダ:「アクセラセダン」

しかし、ライバル車の相見積もりを取る際には以下の点に気をつけましょう。

 

・グレードや装備はカローラアクシオとライバル車とで似たものを選択すること
・実際にライバル車を購入するつもりで値引き交渉を行い、しっかりと見積もりを取ること

 

カローラアクシオの販売担当者としては、ライバル車の相見積もりは決して珍しいことではなく、むしろ当たり前のようにライバル車の見積を見ています。

 

そのため、カローラアクシオを購入するための交渉材料といえども、ライバル車の相見積もりはしっかりとした内容で取ることが大切です。

 

カローラアクシオの販売担当者に対して適当なライバル車の相見積もりを用意したところで、値引き交渉の材料にすらならず、目標とする値引きを受けられない可能性もあります。

 

面倒に思われるかもしれませんが、ライバル車の相見積もりだからこそ値引きも含めてしっかりと取るようにしましょう。

 

 

カローラアクシオ、最近購入された人の契約内容

 

契約例(1)HYBRID G を購入
契約者・大阪府在住の男性(58歳)
契約時期・2018年4月

 

グレード(HYBRID G):2,298,240円
オプション:220,000円

 

クルマ本体の値引き額:200,000円
オプションの値引き額:50,000円
下取り額(スバル・レガシィ ’07年製造):210,000円

 

税・諸経費込み価格:2,143,115円

 

 

契約例(2)HYBRID を購入
契約者・大分県在住の男性(55歳)
契約時期・2018年6月

 

グレード(HYBRID):2,073,600円
オプション:120,000円

 

クルマ本体の値引き額:200,000円
オプションの値引き額:0円
下取り額(トヨタ・クラウンセダン ’08年製造):220,000円

 

税・諸経費込み価格:1,876,558円

 

 

カローラアクシオの値引きはもっと増やせる! 「○○」をチェックすればもっと良い契約が期待できます

 

先に紹介した2つの契約例は、値引き額に関してはまずまずだったように見受けられます。

 

・・・が、全体的な契約として見た場合、「満点とは言えないイマイチな内容である」と当サイトでは判断します。

 

契約内容をチェックしてみると分かるのですが、どちらとも大切な箇所を見落としているせいで、値引きの機会を逃しているからです。

 

その根拠といえるのは「下取り」の箇所。

 

どちらもクルマの現在の相場よりも低い評価しか得られていないのです。

 

クルマ買取専門業者による査定と比べると差は歴然で、10万〜20万円のマイナスの結果に・・・

 

「新車契約時、ディーラーは値引き分を穴埋めしたいために下取りをわざと低くしたのでは?」と誤解されがちですが、それが全ての問題ではありません。

 

というのも、ディーラー下取り額が低くなるのは構造上のある理由が大きな影響を与えるからです。

 

では、お得な価格で新車契約を行なうためにはどうしたら良いのでしょう?

 

下記リンクにて、「ディーラー下取り額が低くなってしまう構造上の理由」「ディーラー下取りの査定額を大幅に引き上げるコツ」について解説していますので、ぜひチェックしてみてください。

 

→ カローラアクシオの新車をできるだけ安く入手するにはこちら

2018年-カローラアクシオが激安!大幅値引きをさせる〇〇の秘密とは?