2018年-ヴェルファイアの最新価格情報!うまく値切るコツを紹介!

2018年-ヴェルファイアの最新価格情報!うまく値切るコツを紹介!

◆少しでも安くヴェルファイアを購入するために知っておくべき情報

2018年-ヴェルファイアの最新価格情報!うまく値切るコツを紹介!

引用:wikipedia

 

ヴェルファイアを買うことを決めた人に、ぜひ知っておいていただきたい情報を紹介します。

 

ここで紹介した情報で、合計で10万円も安く買うことができたという人もいるほどです。

 

誰しもヴェルファイアを安く購入したいと思うものですが、そんな人にとってまさに有益な情報といえるでしょう。

 

 

◆ヴェルファイアがさらに安く!?値引き額の相場って?【版】

 

ヴェルファイアの値引き額の目標… \400,000

 

2018年1月に、ヴェルファイアは仕様がマイナーチェンジされました。

 

ヴェルファイアの購入については上記の価格まで値引きができる可能性があります。

 

値引き交渉の際にはそのことも覚えておくと良いでしょう。

 

本体に加えオプションの値引きについても20〜30%ほどの金額が目安となりますので、こちらも本体とセットで値引き交渉を進めるようにしましょう。

 

 

◆ヴェルファイアの大幅値引きが受けられる時期は?

  • 1月〜3月「決算期」
  • 6月〜7月「ボーナス期」
  • 8月〜9月「中間決算期」
  • 12月「ボーナス期」

目標額までの値引きができる時期としては主に上記のような期間となりますが、このうち最も大幅値引きが受けられる可能性が高いのが「決算期」です。

 

ディーラーにとって重要な時期ともいえる決算期は、売上が必要な時期でもあり、それだけに少しでも売上を伸ばそうと考える時期でもあります。

 

そのため、値引き交渉があまり得意ではないという人であっても値引きを受けやすい時期であるともいえます。

 

慌ててヴェルファイアを買う必要がない、ということであればこの時期まで待ってみるのもひとつの方法です。

 

 

◆ヴェルファイアを購入する際の値引きの方法は?

 

実際に値引きをするうえでの交渉の方法ですが、ライバル車との相見積もりを利用するという方法があります。

 

ヴェルファイアのライバル車

  • トヨタ「アルファード」
  • 日産「エルグランド」
  • ホンダ「オデッセイ」

ヴェルファイアのライバル車には多くの車種がありますが、中でもアルファードは性能がほぼ同じということで相見積もりの車種としても最適です。

 

このアルファードは、外観と価格以外の性能がかなり似ており、価格以外での差別化が難しいことから、相見積もりとして利用することで高額値引きが受けられるかもしれません。

 

 

◆購入者の例…ヴェルファイア購入例

 

福井県にお住いの32歳男性【契約 2018/4】

 

◎本体価格<Z・Gエディション>:  -\4,362,120
◎オプション:  -\300,000

 

◎本体値引き額:  -\400,000
◎オプション値引き額:  -\100,000
◎下取り額<2010年式・ヴォクシー>:  -\380,000

 

◎合計≪諸経費含む≫:  -\3,989,824

 

 

神奈川県にお住いの37歳男性【契約 2018/2】

 

◎本体価格<Z・Aエディション>:  -\3,905,280
◎オプション:  -\460,000

 

◎本体値引き額:  -\300,000
◎オプション値引き額:  -\200,000
◎下取り額<2009年式・オデッセイ>:  -\300,000

 

◎合計≪諸経費含む≫:  -\3,787,280

 

 

上記の購入者の例は、\200,000や\300,000の本体値引きがされているのですが、当サイトで調査したところ値引き額は、下:\200,000〜上:\700,000と値引き額に結構な差がありました。

 

購入する時期・地域などにより価格にひらきが出てくるため、目標値引き額に到達しない可能性もあります。

 

しかし、値引きしてもらえる可能性もおおいにありますのでしっかり交渉していきましょう。

 

 

交渉方法としては「まずトヨペットでアルファードの見積もりを取る」次に「ヴェルファイアの見積もりを取る」ですね。

 

ヴェルファイア、アルファードは価格帯が同じで競合させやすいので、この方法はおすすめです。

 

 

◆もっと安く購入が可能なの!?知ってる人だけ得をする値引き!!

 

 

購入例を見ると、本体の値引きやオプションの値引きなど、大分してもらっているよう見えますね。
しかし、ご紹介する事実を知ると「もっと安くなるだろう。」と思うはずです。

 

さて、どの部分を見て値引きできるかどうかを判断するんでしょうか?

 

この購入例で注目するべき点とは、《下取り額》なんです!

 

ここにある下取り額はだいぶ低く設定されているんです。
まだここから\200,000ほど値引きすることが出来るのではないかと思います。

 

営業の方々は値引きが多いように見せるために、この下取り額を調整するという事もあるように思います。
ですが、事実「ディーラーの下取り額」、これが安くなってしまうのには「理由」があるようです。

 

→下取り額がディーラーで安い「理由」と《値引き額アップ方法》はこちら

2018年-ヴェルファイアの最新価格情報!うまく値切るコツを紹介!